小さな星

明日は君が笑ってくれるなら「ありがとう」と伝えたい
夢見た朝どうして向かうんだろう?
それでもまだ遅くないこんな日は
誰がそばに居てくれてるかな?
ずっと信じてた君がいた場所で
一人きりの人生をずっと一緒にいたいと思ったんだ
この広い空の下君の側にいることで
今よりもっと強くなれる気がしたんだ
少しずつ離れてゆくけれど
手を繋いで伸ばした手はほら今でも君を包んでいる
歩いてゆく道それは明るい未来へ続いていて
明日は君が笑ってくれるなら「ありがとう」と伝えたい
夢見た朝どうして向かうんだろう?
それでもまだ遅くないこんな日は
誰がそばに居てくれてるかな?
ずっと信じてた君がいた場所で
一人きりの人生をずっと一緒にいたいと思ったんだ
この広い空の下君の側にいることで
今よりもっと強くなれる気がしたんだ
少しずつ離れてゆくけれど
手を繋いで伸ばした手はほら今でも君を包んでいる
歩いてゆく道それは明るい未来へ続いていて
明日は君が笑ってくれるなら「ありがとう」と伝えたい
夢見た朝どうして向かうんだろう?
それでもまだ遅くないこんな日は
誰がそばに居てくれてるかな?
ずっと信じてた君がいた場所で
一人きりの人生をずっと一緒にいたいと思ったんだ
この広い空の下君の側にいることで
今よりもっと強くなれる気がしたんだ
いくつもの小さな星を探した

掌の中の光

僕が願うように、君は僕がほしくて、かなしい想いを、あの時の告白して、ひらいた。
すれ違って、虚しくなって、君は笑顔を見ている
僕が願い続けるように、君は僕がほしくて、それなのに、求めてしまう
夢を見て、空を見て、色を足した。
恋をして、君が感じるように、僕たちは生きていくんだ。
僕が願うように、君は僕がほしくて、かなしい想いを、あの時の告白して、ひらいた。
自分に自信がない、頑張ってない、そんな僕に、手を差し伸べてくれた。
まるで、同じ姿だね、きっと。
君のその笑顔、努力、全て、受け止めるように…。
僕が願うように、君は僕がほしくて、かなしい想いを、あの時の告白して、ひらいた。
すれ違って、虚しくなって、君は笑顔を見ている
僕が願い続けるように、君は僕がほしくて、けど、気づいてもらえないだけだよ。
夢を見て、空を見て、色を足した。
僕が願うように、君は僕がほしくて、かなしい想いを、あの時の告白して、ひらいた。
僕が願うように、君は僕がほしくて、かなしい想いを、あの時の告白して、ひらいた。
未来に希望を持って、夢を見るように…。