爪ムシ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

何だか照れくさいような
自由に遊ぶはずだった
それでもいいと決めていた
いつも魔法のように笑っていた
それは君だったから
誰かのことを覗くことはできなかった
そんな僕には幸運のツキがあった
そんな君を見るとほんとに眩しくて
特別な素敵な輝きを放っていた
視界の端なんかそんなの不機嫌だね
友達だとか恋人だとかそんなのはもう
滅多に思いつかないらしい
いやそんなのも別でいいんだけど
それでもいいと思っていた
こんなでも決まっていたのに
闇夜の荒野で探し求めた
ありふれた魔法の宝石のように
あたりまえの感情も全部この目に焼き付いて
殺風景な景色は影の中へ消えた
そんな君に向かって笑うと本当に眩しくて
特別な素敵な輝きを放っていた
絵に描いたような形の魔力さえも
そんな僕には小さすぎて
刺激的だったんだ
今、好きな世界があまりに眩しくて
それでいいなんて思えてもいいや
愛せる気がしても心がひどく汚れるだけだから
今じゃ声にできないけど
それでもいいと思っていた
僕には何処までも届かないが
それでもいいと感じているから
きっと何もなくても手にしたいよ
魔法で飾った絵画は
透明に光っている
それが素敵な世界だと思っていた
あの絵を見ていたあの日にはもう
帰って来なかった
そんな僕には幸運のツキがあった
そんな君を見ると遠ざけた僕が実は一番嫌いだった
そんな僕には幸運のツキがあった
そんな君に向かって笑うと本当に眩しくて
特別な素敵な輝きを放っていた
絵に描いたような形の魔力さえも
そんな僕には小さすぎて
刺激的だったんだ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*