夜明けのまた逢う日まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

黒く光る
見上げれば、雪はキラキラ
走りだすアスファルト
無数の光が広がる
季節が進むほど
見慣れた日常も
少しは変わってゆくね
切なさと悲しく
溢れ出す感情
出会い別れを繰り返してゆく
いつだって
この手に掴めるものは
この手にあるんだよ
時は流れてくから
いつかはきれいになり
幸せがつまって
空に向かって伸びてくよ
夜明けがまたやって来る
僕は信じている
月のない夜にも
光を浴びて
歩いていける
喜びと切なさ
負けそうなくらい
たとえ別れが訪れても
最後の最後まで
心の力になろう
いつかはきれいな花咲かせる
夜明けがまたやって来る
明日を思う瞳に
生まれる暖かい絆
いくつもの思い出も
繋いでゆこう
この手に掴めるものは
この手にあるんだよ
時は流れてくから
いつかはきれいになり
幸せがつまって
空に向かって伸びてくよ
夜明けがまたやって来る
僕は信じている
誰もが幸せになれるように
雨に打たれながら
深呼吸をして
歩き出すよ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*