人間関係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

理想と現実の間がこんなに違うなんて
手を繋いだあの頃には
間違いでも遅かったよね
街を這う風が幾つものドアを叩く
人は皆気軽に手を握る
だけど自分が大事ってことに
気づけない
薄くなる壁
いつか学校帰りに
夢を見ていたよ
心が空に溶ける頃
どんなに思い通りに転ぶ事が
たくましいんだって事
現実に戻れない間がこんなに違うなんて
どうしてだ?
明日はすでになんとなく
昨日より何倍も速く
今日という日を過ごしてる
もう十分だ
暗がりのない
誰がそんな気を
振り払う?
淡い期待は心に
いつかやってくる
孤独を受け入れ受け入れ心を持つために
理不尽な幕開け
進む道に迷った事や
進む街路樹さえ
消えてしまいそうで
サヨナラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*