Yourloselose.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

知らないうちに時間を失っては
波打つ鼓動だけが進む
通い慣れた家を壊してしまう
教室の窓から遠い日差し
もうあなたはそこから遠くで微笑んでいた
太陽が孤独に輝いて
あなたがこのままじゃ
生きられないの?と告げたら
生命を預けて
変な人だねと言われて
私の目の前に誰もいなくて
ブルーな瞳で私を見ないで
朝の光の中であなたは何を想っているの?
もうあなたはここにはいないの?
あなたのもとへ行けなくなってから、私は死ぬ
愛されることで生きると決めたから
殺したのは私だから
醜い人形のような姿で笑われて
世界に連れて行かれた気がした
僕が好きなもうあなたに会うことができないから
僕は君の側にいることを
心から願っているのだろうか
Iloveyou
信じ続けてるから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*