掌の中の光

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

僕が願うように、君は僕がほしくて、かなしい想いを、あの時の告白して、ひらいた。
すれ違って、虚しくなって、君は笑顔を見ている
僕が願い続けるように、君は僕がほしくて、それなのに、求めてしまう
夢を見て、空を見て、色を足した。
恋をして、君が感じるように、僕たちは生きていくんだ。
僕が願うように、君は僕がほしくて、かなしい想いを、あの時の告白して、ひらいた。
自分に自信がない、頑張ってない、そんな僕に、手を差し伸べてくれた。
まるで、同じ姿だね、きっと。
君のその笑顔、努力、全て、受け止めるように…。
僕が願うように、君は僕がほしくて、かなしい想いを、あの時の告白して、ひらいた。
すれ違って、虚しくなって、君は笑顔を見ている
僕が願い続けるように、君は僕がほしくて、けど、気づいてもらえないだけだよ。
夢を見て、空を見て、色を足した。
僕が願うように、君は僕がほしくて、かなしい想いを、あの時の告白して、ひらいた。
僕が願うように、君は僕がほしくて、かなしい想いを、あの時の告白して、ひらいた。
未来に希望を持って、夢を見るように…。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*