wonderfulStarrynce

そっちはまだ公開?それとも公開?
まだ2週間前よ
取材で見つけたよ
やっぱりいつになったら会えるんですか?
この先も展開に期待してる
この先もストーリーに期待してる
笑顔と涙と大逆転すれば?
負けないはずだよ
そうやって希望が生まれて
そうやって確かなその意思を
誰かが壊してしまう前に
全部できるかのようにやりたいんだ
まだまだ続く旅路
僕らの旅の途中
SmileDreams後悔してない?
たどりついた運命を
共に分かち合うために
期待しているんだ
あれからどれくらい経つんだろう
なぜだろう涙が出るけれど
まだ諦めないよ
いいよね足がすくんで離れてる時も
きっときっと心の奥まで
まっすぐな想いがあるんだよ
同じ種を持つあの子がね

Courage

あの日投げた嘘に今はあたしだけが
飲み込まれているそんな気がして
目の前にあるくちびるを見つめ
いくつもの灯が消えてく
あなたが進むならそれが真実
空もとけた花にこぼれ落ちた
なくしたもの探したがらない自分
一日に一度しか帰って来ないのに
あなたがいるから前へと進めそう
時計の針がいまいるそのとき
ほんの少しづつ消えていくのかな
虹を探してる邪魔をしないでと
恋人たちの足跡たどって
駅に向かうトコロが目に映る
同じ場所でまた繰り返すのかな
想いは募るばかりに進まないあの頃
止まった時間取り戻せるなら戻りたい
空もみつけた花にこぼれ落ちた
見つけた花が笑顔に染まる
失ったもの探したがらない自分
明日を選んだ朝出会う人の
他にはない思い集めてくれたんだ
ねぇゆっくり飛んでゆくよ

心の闇

刻む時だけにかざす心に名前をつける
気持ちが落ちてゆく明日の事ばかり話し始める
さよならができないそんな日は思い出だけを思い出せる
幸せを信じて明日を望む事はしないの?
嗚呼
何時もさよならなんてしたくない
あたしもあたしも心の闇になりたい
とめどなく流れる時を走り抜けて
明日が来る前に涙こぼさないように
雲間から眺めたら
はしゃぎ疲れた朝の顔を思い出す
さよならはしないから変えたくない
微笑みが絶えず僕達を癒すなら
どうか人の心臓に手を当てて名前をつける
勇気だけじゃ忘れられない気持ちを持ち続ければ近づくほど
友達になれるの?嘘をひとつ重ねる
あなたが来る前にみんな壊れてる
あたしが消える前に
天使の羽を持つ天使の羽を追いかけて
明日が来る前に涙こぼさないように
羽を降りる

水平線

アルバムの君から見た景色それは閉ざされた太陽
地図のない地球だと
胸に刻まれていくのを抑えられなくて
オレンジ色の雲は色付く背に差し込み
深い記憶を滲ませて今もまだ胸の奥で
幻だと自分ですら気づいてないけれど
ひとつだけでいいそれだけでいい
自分に背を向けない
貴方だけには出来ることがあるよ
変わらない想いや想いのせて
前へ進んでいけ
澄ました日射しの中を
走り抜けてく貴方の姿
不敵な笑みが顔にまで広がっていく
立ち止まってしまうよりも
前へ進んでいかなくちゃ
追いかける今より
貴方だけには見せたい景色があるよ
キミといたあの日からで
青空が切り開こうとしている
始まりをみんなに見せたいこと
いくつもの大切な
思い出が重なっていく
重たい記憶は今でも重く揺らいで
雨の中で傘を拭って
進むよ
迷い道を自ら解き放とうとする
悲しみを知ってから
それでも
独り占めしたくて
太陽の光が溢れ出した
たった一つの光
限りなく広がる世界
新たな息吹が吹いていく
変わらない想いや想いのせて
前へ進んでいけ
碧い海が描かれた
涙拭い凛と前へ
思い過ごし思い返して
何故だか涙があふれてくるの
こんなに高く晴れ渡る
果てしない世界の先
星々が照らしている
そんな夢見てた
悩みも変えて行く
眩しさの中に包まれて
いつの日か零れてた
奇跡に導かれて
進んでいけ
凹んでばかりいる君を
そっと感じてる
こんなにも優しいから
ちっぽけな翼を取り戻して
いつの日か気付けば
星々の中の貴方と君と
すれ違っていくだろう
きっと、
私の前で輝く光
眩しさを感じてる
蒼い空の下で

IvycanlittleTell

心から好きだと言ってよ
冷たくなってしまったあなたの目
見透かして胸が痛いほど震わす
触れてしまう前にもう二度とその腕
離したくないもう二度と
一度でもいいまだじゃない
ただあなたがほかの男に
すがりつきたくなる前に
あたしの声の裏
泣かせる愛の切ない涙
あなたが好きだった
一目惚れしてしまった
好きになる気持ちを抑えられない
でもまだ好きでこの腕に
あなたを想い出すそんな思いは
今もただずっと抱いていたい
あなたが好きだった
一目惚れしてしまった
好きになる気持ちを抑えられない
でもまだ好きでこの腕に
あなたを想い出すそんな思いは
今もただずっと抱いていたい
ただあなたがほかの男に
すがりつきたくなる前に
あたしの声の裏
泣かせる愛の切ない涙
あなたが好きだった
愛してる