いい

愛するものほど嫌

愛するものがわからない
愛されることが怖くて胸が痛い
愛しているからこそ楽になれるの
わからないんだわからないんだ
私ってどうして優しいのかしら
あるのは私の存在だもの
好きだから好きだから
この手で愛を抱きしめたら何度目かな
長い事慣れてる誰かの呟き
ただそれだけは正しくないけど
求めるものが無いのは知ってる
振り返れば同じ思い出だけ
私がここにいる理由とか
教えるものが無かったから誰かのせいよ
何もしなくていいから私がここにいる理由を
傷つけないであなたの言葉だけじゃきっといけない
許されないならいやしなくていいから
愛を守るのはただ優しければそれでいいから
もういらないのなら私は他のだれか
私を愛したからこそきれいになれる
お願いだからあなたが優しくなれるなら
それが何よりも大切だから

あと3年

再会の夜にそう言い聞かせて
どうしようもなく時間に追われてた
その日を連れて
哀しむ心
認めたくないかもしれないけれど
こんなに二人に優しくされて
ごめんね
あなたに沢山好きと言ってほしくて
涙があふれた
またあなたの心の中に
魔法が溶けてもいい?
あなたに沢山好きと言ってほしくて
涙があふれた
もう少しの間の二人でいさせて
お互いとてもはしゃぎ合えばいいのにそう思い
もう少しの間の二人でいさせて
愛しあうことを許し合って
愛しあえたらいいと言い聞かせて
それから今日までずっと二人で
この思い出を見つめては
笑顔を重ねているのね
きっと私は…
会えない時のために
こんなにもそばにいるのに
どうしてあなたに愛をくれなかったの
ふたりの関係が崩れたの?
涙があふれた
またあなたの心の中に
魔法が溶けてもいい?
あなたに沢山好きと言ってほしくて
涙があふれた
もう少しの間の二人でいさせて
二人の愛が溶けてもいい?
あなたに沢山好きと言ってほしくて
涙があふれた
またあなたの心の中に
魔法が溶けてもいい?
ふたりの愛が溶けてもいい?
あなたに沢山好きと言ってほしくて
涙があふれた
もう少しの間の二人でいさせて
愛しあうことを許し合って
愛しあえたらいいと言い聞かせて
それから今日までずっと二人で
この思い出を見つめては
笑顔を重ねているのね